鳥はあるいは言いふらして、あるいは抑揚のある鳴き声――アクデルロの魅力的な時間の鳥


Posted On 8月 13 2019 by

旅行は目的地を気にしなくてもいいです。腕の間の美しい風景と景色を見る気持ちだけが気になります。アコードの魅力的な時間の鳥、表面装飾は伝統的な切り紙細工からインスピレーションを汲み取り、巧みな彫刻工芸とマイクロ絵工芸を結合し、精巧な真珠の母貝を飾って、アコースティックの伝統的なスイスの田園風景の図案を展示しています。手作業彫刻と色彩真珠の母貝の文字盤の底の面は卓越した技術で細かく彫刻されています。驚くべき豊かなディテールで作り上げられた腕の間の風景は、人々を魅了します。

 
また、針の回転に伴って鳥の浅吟低唱、円潤な文字盤にスズメの鳥が残そうとして飛びます。これはアコードの時計芸術がもたらしてくれる最高の楽しみかもしれません。魅力的な時間の鳥には二つの異なるスイス特許機構が搭載されています。三つのミニサファイア水晶管があり、スズメの鳴き声は振動ではなく空気の圧縮によって発生します。第一の水晶管は空気を吸って、第二の水晶管に保管します。そして、空気を第三の水晶管に推進して、空気の体積とピストン運動速度によって、メロディーを調節します。鳥や言いふらし、あるいは抑揚のある鳴き声は旅の途中で一緒についてきます。

Last Updated on: 8月 13th, 2019 at 3:52 pm, by adming


Written by adming