文字盤にはどのようなよくある模様がありますか?


Posted On 9月 10 2019 by

パリ模様
パリの模様は、文字盤の上にあるツイスト状の装飾模様で、細かい錐体の形をしたクロス中空線から構成されています。それはヨーロッパの中世に行列で「ダイヤモンドの先端」を作った建築装飾芸術で、パリの多くの典雅な古い建築に登場しました。パリの模様は普通ローマの針と同時に時計の文字盤に現れます。視覚の前衛的なファッションのため、ロマンチックなパリと気質的な共通点があります。

 
太陽模様
太陽紋はより繊細な放射状の模様で、細い部品に放射形のジュネーヴ柄の曲線をまっすぐに伸ばすのが太陽紋です。また、質朴で飾り気のない直線的な糸と環状の糸があります。一見平面のように見えますが、細かくて均質なテクスチャが発見されます。しばしばサンドイッチの周辺の最も外側のリングとムーブメントの中の各種の連結軸に配置されます。

 
麦の穂模様
麦の穂の紋様は普通は黒色あるいは銀色の文字盤の上で使って、18世紀に起源して、フランスの有名なデザイナーのJean-Pierre-Fran c c ois Gillot-Duhamelの名前で命名します。彼は金属表面に複雑で精密な紋様を彫る機械を発明した。その後、このような紋様は広範に文字盤の製作に用いられ、文字盤にこの紋様を加えることで、文字盤の深さと視覚効果を高めることができます。

 
人文字模様
人文字の紋様は一般的に機械表の動力記憶エリアに使われます。珠玉の文字盤のデザインは通常複雑ですが、動力記憶エリアでは人文字が一般的に使われています。

Last Updated on: 9月 10th, 2019 at 5:00 pm, by adming


Written by adming