Konnstantin ChaykinはMars Coquerero腕時計を発売しました。火星時間です。


Posted On 9月 23 2019 by

ロシアの独立コピー時計工場Konnstantin Chykinは、まだ原型の状態にある作品「Mars Coquerer」を発表したばかりです。「宇宙観」を持つ両地の腕時計です。地球と火星の時間を同時に表示することができます。未来の火星征服者のために作られた特別な装備です。

 
Mars Coquererの概念は2017年から始まりました。Konstantin ChankinはElon Mskからの火星の植民地計画にインスピレーションを与えたと言います。このために、特別な三角形コアCal.K 20-1を開発し、ETA 2836-2に基づいて自動的にチェーンコアを改ぞうし、175の部品からなる「火星時間」モジュールを追加しました。

 
チタンメタルのケースサイズは驚くべき51.2 X 32.6 mmで、1960年代にソビエト連邦製の宇宙船の計器パネルをモチーフに、6時の表冠はチェーンとスクールタイムに使用されました。表殻の正面には3つの黒い文字盤があり、中央の文字盤にはローカル時間が表示され、赤い針でUTC時間を表しています。

 
左のサブプレートに火星が表示されている場合(MTC)は、表のバックボルトで調整できます。右の文字盤には2つの指針があり、青い色は地球を表し、オレンジ色は火星を表しており、2つの惑星が太陽系で公転する相対的な位置を示しています。火星の太陽の日(solar day)は約24時間39分35秒で、一年は668日の太陽の日を含み、右側のロレックスコピー文字盤には月と百日の目盛りが印刷されています。

 
Konnstantin Charykinは、今後腕時計のギア系をさらに調整し、独自に火星時間を設定する機能を開発すると発表しました。正式版は2019年秋に発売される予定です。

Last Updated on: 9月 23rd, 2019 at 10:29 am, by adming


Written by adming