プラチナ版インサイトMiro-Leotor透かし文字盤腕時計


Posted On 9月 23 2019 by

独立ブランドコピー時計工場のRomain Gauthirは、「Insight Miro-ROT」の透かし文字盤の新しいバージョンを発売しました。プラチナケースは金色のシャーシを引き立たせ、独特の幾何学的透かし設計を継続し、砂磨きによって全体の視覚的衝撃力を強調します。

 
円潤な時計の輪は39.5 mmの時計の殻と快適な割合を構成して、冠は2時に位置して、見たところ更に簡明です。偏心時分盤と小秒盤が一体となり、黒、青、白の大明火エナメルの3つの選択肢が提供されます。時計盤は9時に純金のミニパールが見られます。これもこの表の名前の由来です。視野の中の真珠陀です。

 
自分で開発した自動チェーンムーブメントを搭載し、周波数2800 vph、ダブルバネケースは80時間の動力備蓄を提供します。透明の時計の鏡と時計の背は完全にムーブメントの構造を展示して、1種の建築の類の立体の美感を持ちます。

 
ムーブメントの正面の板金は手作業で砂をかけて処理して、そしてバラの金のコーティングがあって、暖かい色調はパラジウムのラ糸の橋板をめっきすることと互いに利益があります。背面の橋の板は同様にバラの金をめっきして、手作業で研磨する宝石のベアリングをはめ込んで、ブランドの標識性のS溝のねじを通じて(通って)固定します。

 
ギヤ系は同様にムーブメントのオメガコピー裏側に展示されています。銀白色元素はバラ金橋板と鮮明な対照をなしています。ロジウムめっきの4枚のフィラメントプレート、ハンド面取りで切断された円放射ギヤ、ウォーム模様で飾られた主バネが見られます。目を楽しませてくれます。
クロコダイルの皮のバンドを組み合わせて、3色はそれぞれ10枚限定で、官価は79000スイスフランです。

Last Updated on: 9月 23rd, 2019 at 10:30 am, by adming


Written by adming