2019版Sixties大三針と大カレンダー腕時計:オレンジの文字盤


Posted On 9月 24 2019 by

ドイツ時計工場Glash Gaut Originalは、Sixtiesの腕時計IWCスーパーコピーの新しいバージョンを2つ発売したばかりで、大きな3つの針とPanorama Dateのカレンダーを含め、明るいオレンジの文字盤を持っています。これは昨年のグリーン版に続き2代目「年限」Sixtiesの作品です。2019年内に発売され、今後は生産されません。

 
新作の最も人を引き付けるのは珍しいオレンジの文字盤に違いないです。電気めっきで黄金色になりました。その後、時計職人が特製のスプレーガンで漆を塗りました。金色、オレンジ、ブラウンから黒のグラデーションを形成して、高温で焼きました。最後に文字盤の色は微妙に違います。

 
両腕時計はいずれも研磨精密鋼のケースを採用し、大三針の直径は39 mm、大暦の直径は42 mmである。時計パネライコピーの鏡、針、時の標識などは依然として曲面と弧形の設計を継続して、Sixtiesシリーズの代表する1960年代の復古の風格に敬意を表して、甚だしきに至っては時計盤のレリーフの模様さえこの時期の印刷機を使ってプレスして製造します。

 
大きい3針と大きいカレンダーの腕時計はそれぞれcaliber 39-52とcaliber 39-47を搭載して、自動的にチェーンの芯に行って、動力の備蓄はすべて40時間です。

 
茶色のワニの皮のバンドを合わせます。大きい3針の官価は6300ユーロで、大きいカレンダーの官価は7800ユーロです。

Last Updated on: 9月 24th, 2019 at 10:04 am, by adming


Written by adming