興味深いAceau L’here de la Lune月読タイムリスト


Posted On 9月 24 2019 by

これは非常に興味深いデザインの腕時計です。Hermesは簡単に伝統的な月相表を作るのではなく、文字盤に二つの完全な月を描きました。12時は南半球で見た月で、6時は北半球で見た月です。二つの白い文字盤は日付が経つにつれて時計回りに回り、月をさえぎると、当時の「月相」が形成された。

 
この腕時計は二つの文字盤の選択を提供しています。紺の砂金石は星空を表し、漆黒の隕石は宇宙を表しています。また、12時の月に隠れた「飛馬」の模様を見つけることができます。

 
時分割盤とカレンダー盤は、双子の星のようにゆっくりと回転しながら、2カ月の表示を構成しており、その回転周期も現実の月と一致している。砂金石は白い漆面の副文字盤を持っています。柳の葉の形の青い鋼の針と隕石のモデルの副文字盤は灰色の黒で、両方ともHermèsのマーク性の傾斜数字が印刷されています。

 
43 mmのプラチナケースには、自作H 837の自動上鎖ムーブメントを搭載し、開発専門の「L’HeureのLa Lune」回転モジュールを搭載しています。二つの材質はそれぞれ100枚限定で、公定価格は25500ドルです。

Last Updated on: 9月 24th, 2019 at 4:31 pm, by adming


Written by adming