CREDOR 45周年江戸伝統工芸祝い


Posted On 9月 26 2019 by

Crediorはセイコー傘下でトップクラスの材質で優雅な時計を作るブランチシリーズで、1974年に現れました。当時は18 Kまたは14 Kの金で表を作って、セットで発売しました。今まで45年になりました。ブランドの45年間の技術追求と発展を記念するために、Credirは江戸時代の日本の伝統的な金属工芸技術である木目金(Mokume Gane)を使って文字盤を作っています。これは木目のような形の文字盤です。もとは職人がいろいろな色の金属の塊を重ねて、例えば銀、銅及び赤銅(Shakudo、金銅合金)を溶かして、彫刻してねじって、それを伸ばして、平成の金属を押して、木目のような重層色の効果を与えます。木目金は粉飾剣つばに最初に使われていましたが、現在では貴重な技術の多くはジュエリー製作に応用されています。

 
このGBBY 986の文字盤は4種類の貴重な金属が融合し、18 Kのプラチナ、黄金、バラゴールド、銀を含み、この4種類の金属色がオリジナルの「カゼモク」の模様を混ぜて、風にそよぐ感じを作り出しています。全体の文字盤は日本で唯一の木目金博士(芸術)、企業の代表取締役である高橋正樹(Takahashi Masaki)によって作られます。バラゴールドのケースは直径37 mmで、中には1.98 mmの厚さしかない6890の超薄型の手で作られたムーブメントが搭載されています。37時間の動力備蓄があり、35枚まで制限されています。

次ページ: » »

Last Updated on: 9月 26th, 2019 at 10:18 am, by adming


Written by adming