The Fifth Element」Horologcal Weather Station「第五元素」気象置き時計


Posted On 9月 29 2019 by

「The Fifth Element」Horologcal Weather Station気象置き時計は、依然としてスイスの置時計工場L’Ep e 1839と協力して設計しており、1997年のフランスSF映画「第五元素」をモチーフに、時間、気圧、温度、湿度などの「元素」を同時に表現できる「置鐘気象ステーション」を作り出しています。

 
この置き時計は精密鋼と黄銅から作られ、直径376 mm、高さ209 mm、総重量15キロ、531個の部品を含んでいます。置き時計は科学的な感覚を持つ宇宙船のような形をしており、直径124 mmの小さな形の「UFO」と小さな宇宙人「パイロット」で構成されています。

 
中央直上部を中心とした「UFO時計」には、L’Ep eデザインの垂直構造ムーブメントを搭載し、動力は8日間にわたり備蓄されています。周囲の3つはそれぞれ「UFO気圧計」、「UFO温度計」、「UFO湿度計」です。実は、4つの小さなUFOのサイズが全く同じなので、取り外して並べ直したり、思い切って「母艦」から離れて単独でテーブルに停泊したりできます。

 
置き時計の下の台の上に座っている操縦士の小さな宇宙人「Ross」も、置き時計の五つ目の「元素」です。Rossは独立したムーブメントを持ち、ボタンを押すと台座の周りをゆっくりと回転し、まるでUFOの運行状況を見回しています。

 
「The Fifth Element」の置き時計は全部で黒と銀色と青の3種類のバージョンがあります。各色は18個限定で、価格は52000スイスフランです。

Last Updated on: 9月 29th, 2019 at 3:51 pm, by adming


Written by adming