Pressage Blue Eamel Limited Editionブルーエナメル盤大三針腕時計


Posted On 9月 30 2019 by

「Prsage Blue Eamel Limited Edition」青いエナメル盤限定版の大三針は、日本の伝統的な祝日「八月十五夜」の「お月見」をモチーフに、夜空のように深い青のエナメル文字盤を作りました。

 
腕時計ごとのエナメルの文字盤はSeikoの高級職人、横沢満(みつるYokozawa)が手がけ、繊細なテクスチャが独特の柔らかさと光沢を演出しています。異なる光の下では、文字盤の色にも微妙な色調が変化します。

 
秒針の先には金色の三日月があり、砂の質感を特別に塗り、本物の月の表面を模しています。秒針の動きとともに、「三日月」も夜空を回る。時の針は白い漆を塗って、立体感を強調して、端が磨かれて丸い角になって、更に示度の正確性を高めます。ローマ数字はSeikoが1895年に考案した「Time Keeper」骨董品の懐中時計に由来し、6時の日付ウィンドウの数字にも復古感のある扁形書体が採用されています。

 
40.5 mm精密鋼のケースにはcaliber 6 R 15 D自動的にチェーンムーブメントを搭載し、発振器21600 vph、動力は50時間備蓄し、ストップ秒機能を備えています。すべてのムーブメントは月をモチーフに飾り、サファイア水晶の表の底には金色の「新月」が印刷されています。

Last Updated on: 9月 30th, 2019 at 4:39 pm, by adming


Written by adming