HYT液体時標:氷青版H 1 Iceberg


Posted On 10月 29 2019 by

HYT H 1の原理は簡単な液圧モデルに似ています。機械構造によって二つの比重を制御します。融合できない液体は二つの「ポンプ」に流れます。二つの液体の色が違っているため、境目には自然に境界線が形成され、この境界線は表示時間の「時計回り」になります。

 
注意深く観察すると、H 1の時の目盛りは伝統的な等比で区別されていません。6時の目盛りは特に拡大されています。ここは液体のパイプの出口を制御するためです。

 
時間が経つにつれて、青い液体は時計回りに「前進」します。約5時59分10秒になると、青い液体は逆流し始めます。50秒後に6時に戻ると、左の起点をマークして、次の時間を開始します。

 
HYT H 1はやや体積の大きい腕時計で、直径は48.8 mm、厚さは17.9 mmですが、チタン合金の外装を採用しているため、手触りはそれほど重くないです。パワーセーブは65時間でも十分日常的に使えます。

 
50枚限定で、官価は60000ドルです。

Last Updated on: 10月 29th, 2019 at 4:39 pm, by adming


Written by adming