『Urwerk』EMC腕時計:機械と科学技術の制御


Posted On 11月 4 2019 by

よく知られているように、腕時計の精度の調整は時計工場や修理店で行われます。ケースを開けてホイールのバランスを調整する必要があります。このEMCにおいて、設計者は光学センサーとプロセッサを追加し、この装置を通じて機械のムーブメントの作動状況を監視し、文字盤の左上隅の位置で現在の走行時間の正確さを示し、毎日20秒の範囲である。

 
この電子装置の電力は20万回の充電で容量が損なわれない電池から来ています。充電方式は内蔵の小型の手動発電機で、純粋なARCAP抗磁合金で作った「発電アーム」を回すだけでいいです。

 
ムーブメントは自然とUrwerkによって設計され、サイクリングもARCAP合金の材質を採用しており、垂直に二重バネケースを搭載しているので、80時間の動力保存が可能です。ムーブメントの9時の位置は遊糸の調整装置があって、直接にケースの背面の調節ねじと合わせます。

 
これは非常に大きな時計で、幅は43×51 mmで、厚さも15.8 mmで、ケースはチタンと精密鋼で作られています。外観から見ると、やはり非常に魅力的で、「星間」感が溢れています。

 
ただ、分解図を見たら、内部のラインが本当に素晴らしいです。EMCの距離が完璧な道はまだ長いです。

Last Updated on: 11月 4th, 2019 at 3:50 pm, by adming


Written by adming