玉文字盤版1858 Split Second Chronographダブルレトロクロノグラフ:メキシコ限定


Posted On 11月 7 2019 by

Montblancは1858 Split Second Chronographダブルレトリッククロノグラフのテーマ限定版を発売したばかりで、特に2019年SIARメキシコ表展のデザインで、緑色の玉(jade)の文字盤は腕時計ロレックススーパーコピー「登山探検」のテーマに合わせて、緑+赤の組み合わせはメキシコ国旗を表しています。

 
ラメ研磨した青銅のケースの直径は44 mmで、厚さは14.55 mmで、緑色を薫製した玉の文字盤と合わせて、1930年代のミネルバのタイムテーブルの復古的なスタイルを全体的に示しています。文字盤の外周は遠隔測定器の目盛線で、中央は螺旋式の速度計目盛りで、最大測定時間は3分間です。
大聖堂式の針はバラの金をめっきして、色は青銅の表殻と対比して、赤色の秒の数字は緑色の文字盤と鮮明なコントラストを形成します。3時は時計の分針で、9時は小さい秒盤で、中央の赤い針は主な時間を計る秒針で、白いのは時間を計って針を追うのです。基本計時機能は冠ボタンに統合されており、ケース2点のボタンは起動/リセット用のクロノグラフです。

 
MB M 1631をマニュアルに搭載し、周波数18000 vph、動力備蓄50時間。サファイアの表底を通して、ムーブメントの大きいサイズのサイクリング、シンボルのミネルバの矢印、V字のクロノグラフの橋板、そして精巧な手作業の装飾を鑑賞することができます。

 
緑のクロコダイルの皮のバンドに合わせて、8枚限定で、ブルガリコピー価格は39500ユーロで、メキシコ地区のみの発売です。

Last Updated on: 11月 7th, 2019 at 10:08 am, by adming


Written by adming