日本式の極致工芸のCrederは、腕時計にはなかった「木目金」の技術を発売しました。


Posted On 11月 8 2019 by

日本式の極致工芸を専門に展示しているCrederは、今年で45周年を祝って、千選万選を記念して腕時計に登場したことのない「木目金」(Mokume Gane)のレプリカ時計工芸を持参することにしました。それは木の文字盤のように見えますが、きれいな木の模様があります。

 
木目金(Mokume Gane)は非常に古い金工芸術で、最初は白剣つばを飾るために使われました。作り方はこうです。まず違う色の金属片を銀、銅、赤銅などに重ねて、溶接、彫刻、ねじりをして、さらに伸ばして平らにして、作った金属片は木目のような多層色の効果が現れます。

 
この木目金の工芸は現在多く宝石類を作るために使われています。文字盤を作るのは初めてです。目の前のCrediorという文字盤は、プラチナ、ゴールド、バラゴールド、銀の四金属で作られた、全人手で作られた、独特の木目が風に吹かれている感じがします。ブランドによると、テクスチャは何年も経っても質感と色合いは変わらないという。

 
全人手で作って、また記念版ですから、生産量はもちろん多くないです。毎日一枚から二枚しか組み立てられないので、腕時計の総数は35枚しかないです。バラゴールドケースの直径は37 mmで、搭載された6890の超薄型ブレスレットの芯の厚さは1.98 mmしかないので、スーパーコピー時計もかなりスリムで、厚さ7 mmぐらいしかないです。優雅さはぴったりです。この珍しい金属の木目文字盤を見たいです。セイコー専門店に行ってみてください。

Last Updated on: 11月 8th, 2019 at 10:03 am, by adming


Written by adming