パテックフィリップアクアノート5168緑の表面は、スポーツ時計の若々しい側面を示しています


Posted On 7月 21 2020 by

ジャンボという名前は元々、元のノーチラス3700のニックネームでした。一般に、Aquanautはノーチラスの安価なバージョンですが、5168Gは3700と同じ42mmの直径を使用しているため、PPの役員もジャンボを使用して呼んでいます。 。そして、この5168は、ノーチラスの廉価版としてシリーズをバージョンアップする所が多く、ジャンボの名称を例にしており、以前はノーチラス専用と思われるブルーの文字盤もアクアノートで使用されていました。ここでは、2019年のグリーンサイドは言うまでもなく、これはゴールデンイーグルでさえ到達していない新しい領域です。

 

先に述べたように、5167の直径は40mmです。5168の42mmについては、表面ではそれほど増加は見られません。違いを区別しやすい手がかりは、おそらく日付ウィンドウの位置がわずかに内側に移動しているだけなので、切り取ります時間スケールは比較的小さいです。ただし、貴金属製の高級時計として、まだまだ改良が加えられていますので、今回は文字盤外周の四角いアワーマーカーに数字のようなプラチナパーツをはめ込んだものを使用していますラップタイムスケールは、ペイントを直接ポイントすることです)。これは、拡大された表面として解釈することもできるため、ブランドは、ディテールの質感を調整する余地をより多く持っています。

 

アクアノートはステンレスを主体とした希少なPPシリーズですが、貴金属なしのスタイルではありません。例えばローズゴールドのケースもシリーズに登場することが多いですが、2017年初のホワイトゴールドは初めてです。アップ。外観の点では、アクアノートはノーチラスの複雑なケース構造を放棄し、よりシンプルな3ピース構造に置き換えましたが、ベゼルは角のあるノーチラスサークルの特徴的な形状を継承しました。比較的変形しやすく、熟練した職人が必要とする難しい工程です。そのため、PPはトップウォッチファクトリーとしてのPPの価値を最大限に発揮できる場所でもあります。したがって、グリーンフェイスの5168Gが新たにリリースされたとき、グラデーションブルーフェイスのモデルは、このため廃止されていません。 PPはこれらの2つのモデルをシリーズで共存させて将来の作品を作成することを期待していますが、プラチナモデルには将来的に特別な色があるのでしょうか?これも観察する価値があります。

« « 前ページ:

Last Updated on: 7月 21st, 2020 at 10:20 am, by adming


Written by adming