Ref。6301PGrandeSonnerieコンプリケーションウォッチ:大小のセルフミンギング、ミニッツリピーター、ジャンプ秒


Posted On 11月 17 2020 by

Patek Philippeは、非常に複雑な時計「Ref。6301PGrande Sonnerie」を発売しました。これは、Grande Sonnerie、Little Sonnerie、Minute Repeaterの機能を提供するだけでなく、タイムキーピングムーブメントに表示される珍しいジャンプセカンド機能を初めて搭載しました。この分野での卓越した業績。

 

44.8mmのプラチナケースの厚さは12mmに達し、複雑な計時メカニズムに対応するのに十分です。通常のミニッツリピーターとは異なり、タイムスタートスイッチはケース側面ではなく、クラウンボタンに内蔵されているため、操作が簡単に行えます。ケース側面の6時に隠された機能スライダーがあり、スモールセルフミング、ビッグセルフミング、サイレントの3つのモードを切り替えることができます。

 

自己申告時間のためにより多くのパワーリザーブが必要なため、パテックフィリップはこの時計に2つのタンデムバレルを提供しました。1つのバレルはクロノグラフ機能に使用され、72時間のパワーリザーブを提供できます。もう1つのバレルボックスは計時機能専用で、24時間以内に1時間と15分ごとにセルフサウンド時間を実現できます。

 

黒のGrandFeuエナメルダイヤルには、18Kホワイトゴールドの針と3次元のブレゲデジタルアワーマーカーが装備されています。それぞれ3時と9時にパワーストレージディスクがあります。そのうち、3時はタイミングバレルのパワー、9時はクロノグラフバレルのパワーです。ダイヤルの6時のスモールセコンドダイヤルには「ジャンプセカンド」機能があります。つまり、秒針が1秒に1回進むため、着用者は時間をより正確に調整できます。

 

GS 36-750 PS IRM手巻きムーブメント、スイング周波数25200vph、ムーブメントコンポーネントは703に達し、厚さは7.5mmに維持されています。ムーブメントの背面には、高、中、低の3つのトーンでビープ音を鳴らす3つのハンマーがあります。グランドセルフサウンドモードでは、時間は低音で報告され、15分は高低中トリプルトーンで報告されます.3つのゴングは24時間ごとに1056回鳴らされます。スモールセルフサウンドモードでは、パネライコピー時計は正時に時間をアナウンスします。

 

サイレントモードを選択すると、自動計時が停止し、セルフサウンディングシステム全体が完全に「オフ」になり、エネルギー消費が削減されます。ミニッツリピーターは無音状態でも正常に起動でき、1時間半のビープ音はグランドセルフホーニングと同じで、高音でミニッツビープ音が鳴ります。

 

黒のワニ革ストラップ付きの公式価格は115万スイスフランです。この時計は無制限ですが、その複雑さを考慮すると、年間生産量は非常に限られています。

Last Updated on: 11月 17th, 2020 at 10:15 am, by adming


Written by adming